2009年04月19日

ポーちゃん ごめんね!

ベンガル猫たちの館へようこそ!


アメリカ(カルフォルニア)から生後4ヶ月でやって来たポール!
野生的なお顔のポール君。

もうキャッテリーに来てはや5年に成ろうとしています。


DSC_0024.jpg
1歳のときのポール君です。



ここ最近になって腎臓病が悪化!
尿量が減り食欲も無く排便も3日に一度くらいになり
やせ細り脱水症状も出ています。



iroiro 022.jpg
「今月末までもってくれるかな?」と言う状態です。




それでも名前を呼ぶとわざわざタワーから降りて来てくれて
スリスリと寄って来ます。



iroiro 030.jpg

可愛い子です。




『抱いて〜』と膝の上に!


iroiro 005.jpg
目に生気がありません。


iroiro 007.jpg
しんどいんでしょうね!



「このまま居たいのだろうな〜ぁ。」


iroiro 028.jpg



iroiro 027.jpg




ポーちん!ジーとこうしてやってあげたいけど
そん訳けには行かないんだ!

何故って?

だってつま先で壁にもたれてるんだよ!
足がしびれたんだもん!


ごめんね! タワーで横になって?
また今度ね!


iroiro 031.jpg




本来なら病院に行き入院させ
治療を受けるのがいいのでしょうけど、
私は以前にも同じ病気で愛猫を亡くしてしまいました。

危篤状態で連絡を受けたにもかかわらず、
最後に間に合いませんでした。悔やまれました。

入院中不安と 寂しさでよけいストレスになり悪化。
たった3日間で! 
死期を早めてしまったように思います。



ポーチンにはこの寂しさを味わって欲しくなく
賑やかでうるさい中ででもこのまま皆と
余生を送らせてあげたいと思っております。

これはあくまでも私の思いであって
ポーチンは嫌なのかも知れませんけどね!


    ポーチン!!!
   苦しく成ったら言うんだよ!
   辛くて我慢できなくなったら言うんだよ!
   そしたら先生のとこに行こうね!
    マ〜マはいつでも『鬼にも蛇』にもなるからね!
    それであんたが楽になるんであれば・・・・
   


皆さんもこんな経験ありますか?
死期が近付いている子を見ている辛さ!
病院へ行っても治る要素が無い病気!

死期を延ばすだけの治療!
本ニャンからすれば
良いのか・悪いのか!考えさせられます。








にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
参加していま〜す。ポチット!宜しくです。

  いつも「見たよ!」の『ポチ』ありがとうございます。
  コメント返し出来ない時はごめんなさい!




ニックネーム ニャオニャオ at 16:15| Comment(14) | TrackBack(0) | 男の子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする