2010年05月12日

ブリーダーになっての体験(漏斗胸)

ベンガル猫たちの館へようこそ!




拙いブログへお越し下さり有り難うございます。
私の感じたままを日記にしています。

反感などお有りになるかも知れませんけど
私の感じたことをそのまま・
有ったことをそのまま書いていきたいと思っています。





こんにちは!
こちらのブログの更新はご無沙汰です。

今回も更新が、昼間に成りました。

「漏斗胸』に関して
一生懸命思い出して書いてみますね!



ブリーダーになってこんな事があるなんて思ってもいない出来事。


何時もお勉強と思って
ブリーダーの方のブログなんかも、拝見させて頂いておりましたが、
「漏斗胸」な〜んて文字は何処にもなく、
こんな事があるのかと初めはビックリして病院へ走りました。




先生!
この子肺がペッタンコなんですけど。
これって奇形な〜ん?



そうやね!奇形です。

治る子は目立たなくなる子と
そのままの子といるよ!

でも大きくなるに連れて心臓を圧迫すると亡くなる子も居ます。
うまく位置が外れて成長に関係ない場所に心臓が着てると生きる事も
有ります。





先生!
これってこの子にとって幸せなんだろうか?

こんな奇形の子でもいいという方がいらっしゃるんだろうか?



さぁ。どうなんでしょうか?
犬は知って居ますけど、
猫は僕も始めてみました。



どんなもんなんだろう?

生きてて幸せなのか!





悩みました。
悩んでる間に亡くなってしまった子も居ます。


そして出産が有るた度に奇形の子が混じっている事も有り結論出しました。

先生、大きくなるとやはり情が移ります。
小さい内だとまだな〜んにも分からないので
そちらのほうがいいかなぁと思うんですけど、
「安楽死」お願い出来ますか?



僕もどちらがいいのかは分からないけど、
ブリーダーである○○さんが、そう望むのであればやります。


きちんと供養したいので霊園に連れて行きます。



よそのブリーダーさんは経験無いのかなぁ・・・
もしかしてうちだけ?

主人と悩みました。
本を読んで「優性・劣性で決まる」などと言うこと遺伝も関係有り。
そんなことは先祖の問題。

この子達の先祖(奇形有り・なし)等の事は血統書には書いてない!
分かるはずも無い!



数件のブリーダー様に子猫の譲渡を求められた!

「漏斗胸の事」わかっている方だといいけど、
皆さんのブログにはそんな事は1度も掲載が無い!
やはり家だけなんだなぁ。と思いもめ事の嫌いな私は
ことごとくお断りさせていただいてきました。

先々もめる元があるのでしたら、もめる元を作らない!

だったら 一般の方に避妊・去勢して頂き
可愛がってもらうほうがこの子達のためでは?と思い
その様にやってきました。



途中 ブリーダーの先生(SDさん)に、
主治医の先生に「漏斗胸」といわれたんだけど、
産まれた事ある?と聞いてみた!


「有るよ!でも生きる子は目立たないくらいになる子も居るし・
駄目な子は大きくなるまでに亡くなってしまうよ」と言う。


でも「そんな子でいいから譲って!」て言う優しいな方もいらっしゃる
と言うことを始めて聞いた!


え?納得して飼ってくれる方が居るの?

居るよ!

え!そうなんだ。
五体満足で健康体の子でないと駄目なものかと思っていました。

私はお金出してまで奇形の子は要らない。て
言うのかと思っていましたから。

私の考えですけど。

それは考えもしなかった。
私のやったことはな〜に。
可哀想なことを沢山のニャンズにやってしまった。
後の祭り。罪作りなことを・・・


チビニャン達ごめんね!

霊園へ行って謝ってきました。
心苦しい・切ない気持ちでした。


それからは、できるだけ正直に公表して、もし、
こんな子ですけど、宜しければと言うことを付け加えて
譲る事に。

どの子にも幸せに成ってもらうことが、安楽死をしてしまった子達への
償いだと思って居ます。


未だに他のブリーダー様たちは如何なのかは良く分かりません。

漏斗胸だけにかかわらず、視力の悪い子、足を引きずってる子・
尻尾の先が曲がってる子 色々居ました。
が、正直に打ち明け公表した甲斐あったのか、
皆優しい方たちに引き取られ今は幸せに、
可愛がられて毎日を過ごしています。

中には尻尾の先が曲がってる子が欲しいんですけど。
お願いされたことも・・・・

好きで奇形の子を作ってる訳ではないんだから!
そんな事云われても・・・「玄かつぎ」の様ですけど。
お話したオーナー様もおいででした。
有難いような・困ったような!



漏斗胸に関しては手術もあると聞かされましたが、
やったからと言って戻るかどうかは50%だという事でした。

だったら手術して痛い目するだけ可哀想。

そんな血筋を使わない事が1番でしょうけど。
ブリーダーだとその気になってしまうのも分からなくない。

漏斗胸であって綺麗な模様で、
肺が目立たないくらいになっていると
ブリーダーだとついその気になってしまうだろう。

現に私もそう感じた事がありますから。
でも従業員の子達に「ママさん!奇形があるのに使うの?」て!
言われました。
「いや!使いはしないけど、使って見たいなぁ」と思うだけ!


「漏斗胸」が無くなる事を願います。
生れてくる子達の未来の為に。

もう私には関係なく成っちゃいましたけど、
ベンガルを思う気持ちは何時まででも変わりはありませんから。





中傷・批判ではなく、
私が感じた事・経験した事を素直に書いて見ただけです。









成猫「サム君」の里親様募集中です。
 
ご興味ある方は GOLDPEGASUS の HPよりお問合せ下さい。




にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ

まだ参加していま〜す。

「見たよ!」の『ポチット』ありがとうございます。


ニックネーム ニャオニャオ at 12:47| Comment(9) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする